年賀状の持つ暖かさと役割

昔はよく手紙を書いて友人に出したりしていたけれども、最近は全部メールで済ますという方も多いのではないでしょうか。
さらにメールも面倒になり、SNSなどで一括して挨拶するだけという方も増えた気がします。
特に新年の挨拶がメールで来るようになり少し寂しく思っていたら、SNSで「みなさん、あけましておめでとうございます」のひとことを見るようになり、時代には逆らえないのかなぁと思ってしまいます。
幼稚園や小学生の頃、始めて年賀状を書いた時、全て手作業で芋版を彫って押してみたり、あぶりだしにしてみたり、プリントごっこで頑張って刷ってみたり、また一枚一枚手描きで絵を描いていたこともありました。
初めて年賀状をもらった時は嬉しくて、何枚来たと家族に自慢したものです。
例えその送り主が明日一緒に初詣に行くクラスメイトであっても、やはりハガキが自分宛に届くのは嬉しいもので、その友達との距離も近づいたような気がしました。
最近はクリスマスカードを貰うことも増えましたが、年明けの元日にポストを開ける楽しみは、ずっと変わりません。
そう考えると年賀状は不思議な力を持っているように思います。
ずっと会っていない友人の近況を知りたくても同窓会などない限り会うこともなく、唐突に何の用もないのにメールを出すのもなんとなく尻込みしてしまいますが、年賀状だと何の気兼ねもなく「ひさしぶりですが元気にしてますか」と書ける気がします。
また、学生時代の友人で当時はそれほど仲が良かったわけではないけれど、年賀状を出すことで付き合いが始まったという話も度々耳にします。
これまでずっと続いていた繋がりに加えて、新年の挨拶を機に更に新しく繋がりを持てるのはとても素敵なことですよね。
今はSNSで昔の懐かしい友人に簡単に繋がることも出来ますが、やはり年賀状での繋がりに勝るものはないのではないでしょうか。
例えパソコンで作った年賀状であっても、手描きでひとこと「元気ですか。また会いたいですね」などのメッセージが書かれているだけで、とても暖かみを感じます。
どんなに情報化社会でSNSが発展しても、この手書きのぬくもりに勝るものはないと思います。
近年は大きな大災害などもあり、人と人との繋がりが見直されてきています。
長年年賀状を出そうと思いつつ出していない方は、面倒だからとか忙しいからと言い訳にせず、元日に到着しなくても良いから一度出してみると、なにか良いことがあるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*